ニルス·ヨハンに夢中

先週はうちの近くでも初雪を観測したスウェーデンからです。夏の大工仕事も大方終わり、来月のパーティシーズンが始まる前のこの時期は、わりかし時間に余裕ができる時期でもあります。そんな中、北欧ヴィンテージ好きの相方との会話で出てきた新たなチャレンジが始まりました。そんな大層なことではないのですが、私も相方もスウェーデン人ではないので、スウェーデンや北欧をもっと理解したいという気持ちが強く、陶器やグラスなどを実際に使いながら、その歴史や文化を学んで来たのですが、今まで手を出していなかった分野があるのですね。これです↓

 

 

 

鍋やキッチン用品、カトラリーなどの金属類です。ステンレスって他の素材に比べてどうしても傷が付きやすく、状態の良いのがなかなかないので、あえて中古品を買って使おうとは思っていなかったのです。が、先日相方との会話中に最近話題の環境問題の話になり、世界の大気汚染ライブマップを見たときに私達の心は決まりました笑。ヨーロッパは想像どおり空気もかなりきれい、日本も比較的きれいだったのですが、もう中国あたりは真っ赤っか。世に出回る大多数の製品が中国製ということを考えると、安易に安い中国製のものを買うとこの大気汚染を助長することになるのかなと。さっそく、二人で市場調査に出向いて見ると、キッチン用品などの日用品はスウェーデン製もいくつかありましたが、中国製がやはり多く、またアラビア、ロールストランドなど人気の高級食器も今はアジア製なんですね。驚いたのが、ジョージジェンセンの高級カトラリーや金属製の器なんかも中国製! Fiskarsのキッチン用品はフィンランド製や中国製がまぜこぜ。そんな中でスウェーデン製の日用品の中には、環境に考慮して作られた製品も出回っていることを知ったのは良い収穫だったのですが。しばらく考えてはみたのですが、だったらもう、中古品で質のいいものを長く使えばいいんじゃない?という結論に至りました。スウェーデンでは60年代、70年代頃デザインレボリューションが起きて、いわゆるアンティーク風のデザインからモダンなデザインへの変換期があったのですが、その頃の作品はやはりとても魅力的ですよ。中でもニルスヨハン社は今でも愛好家の多い、スウェーデンを代表する品々を多く排出しているメーカーです。

 

 

 

こちらはAdam Thylstrupの鍋。底が銅製で熱の伝導率が良く、熱が均一に伝わるので料理の質が上がる? プラスティックハンドル、ステンレスハンドル、木製のハンドルがある。

 

 

Sonja KatzinデザインのSessan シリーズ。スウェーデンでは大人気。

 

さて、気になる使用感をどうするか。私は中古品を使うときに自分の中で譲れない決め事があって、それは質のいいものを使うこと、状態に妥協しない、つまり中古だから多少汚らしくてもしょうがないよねという妥協をしたくないんですよ。なので磨きます。ひたすら磨きます。洋銀、銀製品や真鍮など比較的柔らかい金属を磨くことは仕事でなれていますが、ステンレスは流石にまだ試行錯誤中。

 

 

Before

 

After

 

新品まではいかなくても、なかなかいい感じに仕上がってきているとは思いませんか? 鍋を磨くのは大変だなあと心の底ではボヤいていますが、まあぼちぼちやっていきますかね。

エストニア vol.2

こんにちは、かおりです。

 

今日は前回の続きを〜。

 

パトリック展望台から、そのまま南へ下り出てくるのがアレクサンドル・ネフスキー聖堂。

とても綺麗な建物です☆

ロシア正教会だそうです。

 

そして、この近くに食べたかったスープのお店、『ポガポット』があります。

ここのセリヤンカスープがとっても美味しい♪

トマトベースにソーセージ、ネギ、ジャガイモ、玉ねぎなど沢山煮込んであって、パンが一緒についてきます。

たしか10ユーロしなかった気がします。

日本人好みな味。中庭ではたくさんの観光客が日光浴しながらゆったりランチしていましたよ。

 

ポガポットから旧市街中央にあるラエコヤ広場へ。

見たことある人もいるはず。とってもオシャレな広場で、この右手には市庁舎もあります。

 

そしてどの通りを通っても、映画のワンシーンのよう♪

あちこちにギターを弾く人、絵を描く人、歌を歌う人など、アーティストさん達も多かったです。

 

昔ながらの衣装を着て、ピーナッツを売っていました〜。

3種類味があって、試食できます。どれも美味しいですが、胡椒味にしました♪

ここはカタリーナの道路。情緒たっぷりな道ですね。ここの近くには、エストニアらしいセーターや靴下、リネンの服などを売っているお店がズラーっと並んでいます。

 

セーター通り(?)のすぐ近くにはヴィル門が。

オシャレで可愛いを連発しちゃうほど、どこを撮っても絵になります。

 

 

大体これで一周回れました。

9時半に港について、16時半乗船(30分前には搭乗完了しないといけないですが)まで、ゆっくり回れました。

ヘルシンキから日帰りで行けますね♪

 

ちなみに、パスポートにハンコはもらえないですが、持って行っておいた方が良いです。

あと、トイレは少ないですが、何カ所かあります。20セント〜2ユーロほど要ります。

 

是非、ヘルシンキ行かれた際は、エストニアにも立ち寄ってみてくださいね。

良い島 やくしま

こんにちは!

あやです。

 

先日、母の実家のある島に帰省?しておりました〜。

皆さま、どこかわかりますか??(わからんわからん)

 

屋久島です◎

 

 

 

屋久島の山は緑が濃いイメージですね。

私は小さい頃におじいちゃんやおばあちゃんのいた船行によく行ってましたが、

森や山に入ってなかったのです。

 

なんか時期により山に入ってはいけない日があって、

(禁止されているというより、山に入らず感謝しましょうみたいな日だったかも)

神隠しに合うとかそういう話も聞いたことがあって、めっちゃ怖い印象があったのですが。

 

 

でもでも行ってみると不思議。山が優しい。ていうか木が人に見える、、、、、、、、、

ほんまに。

なんか山に入ると、懐かしい人に会ったような!!!泣きそうになりました。

意味がわからんと思うかもしれないですが、ほんと言葉のまま。そんな、感じを受けました。

 

木たちの有り様にただただ驚き、息を飲みます。

 

 

 

自然の生き方の多様性。神秘的でめちゃくちゃ刺激的でした。

写真では全てを伝えきることはできないですが、自然が素晴らしさと心から痛感した最高の島。

 

素晴らしい経験でした!!

スウェーデン発ハンバーガーチェーン〜MAX

 

スウェーデンでもマクドナルドやバーガーキングなどのハンバーガーチェーンはたくさんあります。その中でも、顧客満足度がダントツのナンバーワンなのがMaxというスウェーデン発祥のハンバーガーチェーンです。ここの最大の特徴は、スウェーデン産のみのビーフ、チキン、ベーコンを使っていること。それは、安全性とともに、環境への関心が高い表れで、実際に世界で初めて環境に優しいレストランとして認定されています。つまり、生産者から消費者に届くまでに放出される温室効果ガスの量よりも、Max自身が植林により作り出す酸素のほうが多いそうです。ちなみに、地球温暖化の原因の大きな要素の一つで、こちらの人たちがけっこう重要視していることって何だか分かりますか? 実は家畜から出るガスなんだそうです。世界を見渡せば、家畜の数、特に牛の数が多すぎて、そのおならが環境汚染の大きな原因になっているんです。あと、その食料となる牧草を栽培するために、土地がどんどん枯れていっているんだそう。だから、欧米では最近ベジタリアンやヴィーガンがとても多いんですよ。話がそれましたが、そんなわけで、Maxは自然環境に配慮したレストランとして一目置かれています。

 

 

(注文はタッチパネルでパパっと済ますのが最近の傾向)

 

では実際のお味はというと、やっぱり美味しいです。素材のクオリティがいいので、これは他と違いが出ますね。以前、超偏食の8歳児が遊びに来たときに連れて行ったら、今まで食べたバーガーの中で一番美味しいと大絶賛でした。ベジタリアン層からの支持も厚いので、ベジタリアン、ヴィーガンメニューもものすごく充実しています。大豆ベースのナゲットなんか、何も言われなかったらチキンと分からないくらい、いやチキンより美味しいので、私がよく注文するメニューです。

そして、子供向けメニューにはおまけがついてくるのですが、よくムーミンとコラボしていて、これがまた可愛いんですよ。筆記用具やらドリンクグラスやら。大人でも子供メニューは頼めますので、もし機会があればぜひお試しを! ムーミングッツもらえるかもしれませんよ!

 

 

エストニア vol.1

こんにちは、 かおり です。

 

今日はフィンランドの合間に行ってきたエストニアについて書こうと思います♪

 

エストニアにはトラム6Tか7に乗り、ヘルシンキ西ターミナルに行ってタリンシルクフェリーに乗ります。

フェリーチケットはカウンターでも買えますが、あらかじめ「Direct Ferries」で予約しておくと便利。

カウンター横に発券機があるので、そこで発券して改札にピッとかざすだけです。

朝早いですが、出発前にはかなりの人です。

この時は町中のあちこちでヘルシンキフェスティバルが開催され、このターミナルに作品が展示されていました♪

角度によって色が変化してとっても綺麗☆

 

フェリーの中は食事できるビュッフェのエリアと、軽食販売しているフードコート的なエリア(窓際は争奪戦!?)、

ブランド物が販売されているショップや、コンビニがあったりします。

コンビニ内ではタリンシルクフェリーでしか購入できないムーミンのホーローマグ3種も販売されていますよ〜。

 

2時間ぐらいでエストニアに到着です。

フェリー乗り場から15分ぐらい歩いたら旧市街地に到着です。

私はこの太っちょマルガレータからスタート。工事中なのがちょっと残念。ちなみに町が見渡せる聖オレフ教会も修理の為かしまっていました、、。

どの通りを通っても本当におしゃれ!映画のワンシーンのよう♪

ここ旧市街では、オシャレなドアが沢山ありました。ドアを色々観察しながら歩くのも良いですよね♪

 

こちらは修道女の塔(城壁入り口)

10時ごろ行くと、中世の恰好をした人たちがちょっとした劇を見せてくれました。

4ユーロ払い、ちょっと怖い狭いらせん階段を上って城壁を歩きました♪

 

続いてパトリック展望台。

バルト海まで見渡せます。魔女の宅急便のキキが飛んでそう🧹

 

長くなるので今日はここまで。次回に続きます。

 

海外から子供服ブランドが来日するそうですよ

こんにちは、あやです!

 

なんじゃこの可愛いのはーーー!!

 

以前に植物装飾を主軸としたウェディングプランナー、POLE NA SAFARI ポレナサファリを

このブログで紹介させていただきましたが、彼女サポートのもと、なんと海外ブランドが

来日&ポップアップストアを大阪にて開催するのだそう!

(今回はポレナのものは販売ありません)

 

ヨーロッパの子供服ブランド、ORGANIC ZOO オーガニックズー!!

 

 

実は私も告知フライヤーのイラストで携わらせていただいております。

なんせ服が可愛すぎる。。たまらんですよ。

 

ORGANIC ZOO

WEB https://organic-zoo.com

Instagram https://www.instagram.com/organiczoo/

POLE NA SAFARI ポレナサファリ

WEB http://pole-na-safari.com/

Instagram https://www.instagram.com/pole_na_safari/

よなよな!

東ですー!

こんばんは。


みなさんは何か作業しているときBGMはどんなものを聴いてますか?


好きな音楽もいいけど、

AMラジオなんていかがでしょうか。


僕のお気に入りは、

ABCラジオ毎週月曜日の

「ダイアンのよなよな」

です。

関西ローカルのラジオ番組なんですが、なんせ今の時代「radiko」なるものや、YouTubeもあり日本中いや世界中で聴くことができるんですよね。

すごい時代になったもんだ。


僕は普段よく1人で黙々と作業していることが多いので、1日ひと言も喋らないまま帰宅することがあります。

そんな日が続くと人が喋っているのを聴いているだけで落ち着くのです 笑 


イヤホンでダイアン のトークを聴きながら気がつけば声を出して笑っています。


よく笑った日は充実感ありますからね!

そんなことないかな?


笑うと免疫力もUPするらしいですよ。

ダイアン は地味やけどオモロイんですよね〜


グスタフスベリに救世主現る?!

 

グスタフスベリといえば、スティグ リンドベリやリサ・ラーソンを排出したスウェーデンを代表する陶器メーカーで、ご存知の方も多いはず。ロールストランドやフィンランドのアラビアなど、北欧を代表する陶器メーカーが次々と海外移管し、現行品はアジアの国で作られている中、このグスタフスベリは開業から200 年もの間、ストックホルムから20キロ離れたグスタフスベリという地で製造を続けてきています。そのグスタフスベリが存続の危機にたたされていることをご存知ですか?

 

グスタフスベリは自治体が所有する建物の中にあり、自治体へ借金を重ねてきたのですが、なんとその額は4千万円に及ぶとか。借金を返すにはモノを売るしかないのですが、スウェーデン人を雇い、スウェーデンで生産するにはコストもかかるので割高な上、かつての巨匠たちが生み出したようなヒット作品を生み出せていないのが現状のようで、数年前から倒産と言う言葉が聞こえてくるようになりました。そして今年に入り、いよいよダメか〜となった2週間ほど前、事が動き出したみたいです。とある投資家グループがグスタフスベリを買い取り、まさに救世主出現!ただ一筋縄ではいかないようで、彼らの主張は、グスタフスベリと隣接する古びて雨漏りもする施設も買い取り、2年以内に商業施設として生まれ変わらせる、しかし、我々はグスタフスベリが作った4千万円の借金を返すためにグスタフスベリを買い取ったわけではないと。そのお金は未来のために使われるべきだと。確かに彼らからすると、倒産するのを待ってから買い取っても良かったんですよね。でもそれをしなかったのは、時間と労力が余分にかかるから。そのへんをお役人の方々がどう捉えるか、うまく交渉が進むといいですね。彼らがグスタフスベリの再建に成功したら、自治体への見返りもかなり大きくなるはず。

 

私個人としてはとても応援していますよ。私は北欧製品に限らず、産地にものすごくこだわりがあります。その土地の気候や文化、人すべてが作品を作り出すものだと思っているので。海外旅行をしたときに食べるお寿司に違和感を覚えたことありませんか? 美味しいんだけど、なんか違う違和感、同じような感覚を海外移管された北欧製品に覚えるんですよね。だからヴィンテージ食器に魅力を感じるのかもしれませんね。

 

ということで、応援の意味も兼ねて今年のクリスマスはグスタフスベリ製品を買おうかなあなんて思っています。アルファベットのマグなんてめちゃくちゃカワイイですよ。ぜひお店を覗いてみてください。

 

ABCマグ↓

http://gustavsbergsporslinsfabrik.se/produkt-kategori/benporslin/abc/

 

日本語ページ↓

https://www.gustavsbergsporslinsfabrik.jp/

 

 

ヌークシオ公園

こんにちは、かおり です。

 

今回、『かもめ食堂』のDVDジャケットにもなっている、ヌークシオ国立公園へ行ってきました。

 

ヘルシンキ中央駅からエスポー駅まで30分ほど電車に乗ります。

そして駅降りてほんと目の前にバス停があります。日本のようにフェンスや改札もないので、ホームに降りてくるっと振り向けばもうバス停!(笑)

245のバスに乗ります。これも30ぷんか40分ほどだったと思います。途中のバス停で乗り降りする人が少ないので、運転手さんまあまあ飛ばし気味です。

 

私達はHaukkalammentie というバス停でおりました。ここから公園の車道を歩きますが、その間2キロほど。

アップダウンがまあまああります。

地元の人たちは、みんなもっと近くの駐車場まで車で乗り付けていました。乗せてほしい〜。

しばらく行くとコースの看板が。

かもめ食堂の撮影場所Haukkalampi目指します!

と思ったら、結構すぐそこに。

そして、撮影場所がここ↓

この日はお天気が雨予報で心配だったのですが、一日中晴れてくれました♪空が写って湖が綺麗です。

この湖ではカヌー体験もありましたよ。

この向かいには小さい売店もあります。アイスやコーヒーぐらいだったので、食糧持参は必須です。

また売店空いてないこともあるそうなので、水分も持参必須ですよ。

トイレは少ないですが、公園内所々あります。全て荷物落としそうなほどのボットン便所です。ハエがすごいー!

 

ここはまだ入り口なので、散策しながら南の方にあるSiikaniemiというバス停を目指します。

コースで言えばイエローコース。地図で見たら結構早くに着くのかなーと思っていましたが、これがめちゃくちゃしんどかった(笑)

山登りではないのですが、まあまあな高さの岩や丘をずーっと登ったり下ったりの繰り返しです。そしてかなり広い!

普段運動してない私にはきついです💦

↑こんな岩ばかりです。

急勾配がきつくて、息も絶え絶え。地元の人たちは、こんな広い何時間もかかるハイキングに水も持たず、犬の散歩しながら走っていたりしました。

フィンランドと言えば白樺!って思ってたのですが、案外白樺少ないです。

↑こんなバイクに乗ってコースを上ったりしている人も多々いましたよ。

一番高かったところの頂上(?)。

岩ばかりです。そして暑い〜。木陰は寒いのですが、頂上暑い〜。

脱ぎ着できる服装が良いですね。フィンランドの蚊は強力な痒さだそうなので、長そで、長ズボンと虫よけ、虫刺され薬要りますよ。

この時期は寒かったのか幸い蚊は見かけませんでした。

 

 

どのコースもですが、コースの印が自然に溶け込むよう20センチほどのカラーの塗られた板が数十メートルの木に取り付けられているのみです。下を見ながら歩いていたらうっかり見落としそうです。

なので、イエローコース、本当にこっちの方角で合っているのか?写真のように道という道がないところも進むので、めっちゃ不安💦

迷子になりかけましたが、遠くに人を見つけては進んだり、道を尋ねたりしながら8キロほど歩きました。へとへとです(笑)

バス停近くの公園出口に降りてきたら、地元の人々が何かを摘んでいました♪

何かと尋ねたら、クランベリーとブルーベリー。「クランベリーはあんまりだけど、ブルーベリーは美味しいのよ♪食べてみなさい」と言われ、自然の恵みを頂きました♪

 

帰りのバスは1時間に1本。8分前に出たばかり!

ということで、ゆっくりバス停で過ごしてからヘルシンキへ戻りました。

 

しんどいハイキングでしたが、自然がとっても綺麗で癒されましたよ。

ヘルシンキから案外近いし、デイチケットで電車もバスも乗れます。

ヘルシンキ行かれた際は、ちょっと足を延ばして沢山の自然に触れるのもお勧めです♪

 

ダラーブランド 最高のライブ

こんにちは、あやです。

 

お仕事の用やなんやかんやとご縁があり、京都に行くことが最近ちょこちょこございました。

京都は以前勤めてた会社が烏丸御池にあったこともあり、

今でもフレッシュな気持ちを思い出させてくれる場所です^^

 

 

別の日には、とーーーーーーっても仲の良いご夫妻と素晴らしいステージを観に行きました。

上賀茂神社。

みなさん、ダラーブランドというJAZZのピアニストをご存知でしょうか。

神聖な場所で彼のライブがありました。84歳。

 

 

ダラーブランドは改宗した時にアブドゥーラ・イブラヒムという名前に改名されたそうな。

 

ご夫妻は昔からたくさんのご縁を繋いでくれた、むちゃくちゃ大事な人たち。そんな人たちと過ごす最高の1日。

もう余韻が止まりませんでした。自分の想定する枠っていうものを超えました。

 

言葉では伝えきれないことってほんとたくさんあります。

忘れられない1日となりました。

今のところ誰もわかっていない(問い合わせたところスタッフさんもご存知なかった!)最後の曲、

ほんまに何ていう曲やろう、、、、、、、、、、、めっちゃくちゃよかった。