スウェーデンの人気ブランド "Acne Studios"

こんにちは。前回フィンランドのMarimekkoを取り上げましたので、今回もファッションつながりでいきましょう。スウェーデン発のファッションブランド "Acne Studios (アクネ ストゥーディオズ)" ってご存知ですか?Acneは “Ambition to Create Novel Expressions(新たな表現を生み出す野望)" という意味だそうです。1996年にジョニー ヨハンソン氏によってストックホルムで産声を上げました。日本でもジーンズなどたくさんの芸能人が愛用していることもあり、大人気ですね。お値段は少々高めですが、デザイン性と機能性両方を兼ね備えていて、男女問わず20代から40代の質とデザインにこだわる層から絶大な支持を得ているみたいです。シンプルなのに個性的、高級志向だけどカジュアルにもいける、そんな感じがファンの心をつかんでいるのでしょうね。そういえばずいぶん昔、同僚がストックホルムの屋外でライブをしていたとき、ものすごくエキセントリックな格好をした人が近づいてきて、「やばい、変なのに絡まれる!」って思ったらAcneのマネージャーさんだったという逸話が残っています笑。さすがファッション界に携わる人らしく、パリコレのショーで見るような格好をしてたみたいですね。

 

そんなおしゃれさんが集うお店をちょっとのぞいてみました。

 

 

こちらはイェーテボリ支店です。最近店舗を移動したこともあり、まだ真新しい感じが漂っていますね。

 

 

Acneといえばジーンズです。その履き心地はすごく定評があって、私も初めて試着したときは、おぉぉぉぉ!ってなりました。ジーンズなのにものすごく気持ちよいのです。これ一回履きだしたら他には戻れなくなるって本気で思いましたね。そして、そのサイズ展開の幅広さが小柄な日本人にも大変ありがたいです。レディースの場合、ウエスト23インチから出ていますし、そして長さが30インチ、32インチ、34インチと選べるんです。裾上げする必要がないのは本当にありがたいです。こっちではそういうサービスもないですし。

 

 

"Musubi"シリーズのバッグ。日本の帯をイメージしてデザインされているそうです。

 

 

 

Acneはレディース、メンズの洋服だけでなく、バッグやシューズ、アクセサリーに子供服とトータルにおしゃれを展開しています。

 

ストックホルムのお店は建物が素敵です。

 

 

 

 

 

これは去年買ったFjällrävenとAcneのコラボのミニリュック。

 

 

Fjällravenのリュックも大人気ですが、そのデザインをそのままミニチュアバージョンにしてあります。あまりの可愛さに買わずにはいられませんでした。ショルダーや手提げバッグとしても使えます。

 

スウェーデンではAcneの商品は日本より3割ほど安いそうですので、もし来る機会があればぜひ。素敵なものばかりで、どれもこれも欲しくなるのですが、それでも爆買いできるようなお値段ではない!そういう時はぜひアウトレットを利用しましょう。少し郊外になりますが、アウトレットならどれも半額ぐらいで手に入りますよ。

新しいこと

こんにちは、かおりです♪

 

暖かくなってきたので、桜のつぼみも結構膨らんできましたね。

毎年春って何か新しいこと始めたいなーと思います♪

 

去年の春は何を始めたか記憶にないのですが(笑)、今年は、天然石を使ったハンドメイドアクセサリーをぼちぼちペースですが、作成しています。

 

インスタで気が付かれた方もいらっしゃるかもしれません。

『Meri』 by aalto plus             Instagram @meri_by_aaltoplus

 

このアクセサリーシリーズは『メリ』という名前にしました♪

メリとは、フィンランド語で「海」。

アアルトがフィンランド語で「波」という意味なので関連しているものにしたかったのと、

自分がブルー好きということ、また綺麗な天然石はずーっと眺めていても飽きないし、癒されるところが海に似ているなーと思い

そう名付けました♪

(ピアス*ラリマー、タンザナイト、レインボームーンストーン

 ブレスレット*ラリマー、タンザナイト、コーラル使用)

 

宝石質の天然石を主に使用して、華奢なアクセサリーを作っています。

天然石なので、形に飽きたら、全部ほどいて、ほとんどの石はリメイクできます。そうやって石も長く大事にしてもらえたらなーと思います。

そしてまだ準備が整ってはいませんが、もう少しでHPの方にアップしていく予定にしています。

 

Instagramにもアップしていきますので、是非フォロー&チェックしてくださいね♪

 

印刷のお話し その2

こんばんは!あやです。

 

前回に引き続き、印刷のお話しいってみましょう!

 

 

前回、印刷技術を大きく分けて以下に分類されると書きました。

●凸版 ●凹版 ●孔版 ●平版

その中でも「平版印刷」のオフセットと、

対して、印刷の世界でオフセットとともによく紹介されるオンデマンドについてお話ししました。

現代もりもり使われている印刷技術ですね。

 

今回は「凸版印刷」。

凸版印刷は、印刷部分が凸状に製版されていて、そこにインクをつけて紙を乗せ圧をかけることで転写される印刷方法です。

その中でも「活版印刷」に焦点を当てていきたいなと!

 

印刷の圧の具合によって紙に凹凸ができて、とても品よく質の高い仕上がりになるんですよ。

 

活版印刷は、その名のとおり、活字を組み合わせた版、活字組版を使った印刷です。

一文字一文字が鉛?金属?の直方体みたいな形でできてて、それを組んで版を作ります。

世界でも活版が出てくるまでは木版が主流だったけど、

一文字ごとを組む活版は色々組み合わせることで何度も版を作れる生産性の高さや、

アルファベットは数が少ないので作る活字も少ないことからヨーロッパではめっちゃ広まりました。

でも日本では漢字とかかなとかくずし文字とか活字の量が多いから、伝わってきて少し経っても木版が主流だったとのこと。

明治あたりの近代化の波でようやく活版が定着してきて、

1970年代以降に新しい印刷技術(現代の印刷技術ですな)が普及するまで活版印刷が文字印刷の主流だったそうです。

 

今や少なくなってしまった印刷技術「活版印刷」ですが、以前大阪の江戸堀印刷所というところに行き、

すばらしい対応と仕上がりにすっかりトリコになってしまいました。

最近では活版に焦点を当てた印刷屋も出てきているようで、良いものが再燃するのではなかろうかと個人的に期待しています。

 

www.edobori-printing.jp/

 

 

私のとても気に入った印刷の仕様は、かなり厚手のやわらかい紙への「空押し」。

インクはつけません。でもインクありの場合も、独特のかすれ具合や活版にしか出せない味があります。

工房は見学もできて、たくさんの紙の種類を見せてもらったり、印刷事例を見せてもらったり、

前回アップしたドイツの印刷機が動いている様子を見せてもらったりもできます。

印圧のサンプルを作成してもらうこともできます。

こちらの印刷所さんは見学も依頼も、本当に良い対応をしてもらえました!!出来上がりも最高でした。

 

あと気になっているのはここ。

 

https://cappan.co.jp

 

 

こちらのスタジオはタケオペーパーを使ってはりますね、、

株式会社竹尾さんステキです。封筒を竹尾さんで作ったことありますが、またこれが良い風合いすぎて。。

今後こちらのイベントごとなどに是非とも参加したい限りです。

 

 

現代の主流、とはならずとも、継がれて残っていくのは良いものの証だと自分は思います。

江戸堀印刷所さんのように良いものを作りたいとする人たちに対して、親身になってくれる存在は

本当に嬉しくありがたいことですね。

 

ではでは凸版印刷に分類される活版印刷のご紹介でした!^O^またまた!

ソウルミュージック

東でございます。



やっぱり好きなソウルミュージック!

という感じです。

久しぶりに聴いたこれ

Time to Explain / COURTIAL with Errol Knowles 



かっこいい!好き!


https://itunes.apple.com/jp/album/time-to-explain/672968848?i=672968888 


1976年サンフランシスコ発のLP、 Don't You Think It's Time に入ってます。



70年代初頭に一世を風靡した大型ラテンロックバンド「アステカ」のメンバーだったビル・コーティアルとエロール・ノウルズが双頭リーダーを務め76年に発表した唯一の共演作です。



CDも出ているし、全曲かっこいいのでオススメです!


ちなみに、エロール・ノウルズといえば、こちらもオススメですよ。

I Wouldn't Change a Thing



https://itunes.apple.com/jp/album/i-wouldnt-change-a-thing/1257946344?i=1257946664 


ぜひ聴いてみてください!


マリメッコ新作発表会

 

日本でも大人気、マリメッコの春夏新作発表会にいって来ました。フィンランドはお隣の国とはいえ、感性はスウェーデンとは全く違うんですね。どちらも良さがあるのですが、デザインに関してはやはりフィンランドがずば抜けているように感じます。この感性はどうやって培われるのでしょう。東京の人口の半分にも満たない小国が世界を魅了することができる事実を前に、可能性というものはどこにでも転がっているんだろうなあと思いながら、素敵な時間を過ごさせてもらいました。

 

 

まずはウェルカムドリンクとスナックがお出迎えです。スパークリングワインとマカロン、ミニサンドウィッチが用意されていました。グラスはもちろんマリメッコのものです。

 

 

 

そして店内をぐるっとみて回ると壁には今年のマリメッコのテーマが。“Bold by Nature(自然に大胆に)”。自分らしさに忠実に。自己表現を楽しむことから生まれる新たな「大胆さ」を探求していくのだそうです。

 

 

テーブルウェアはOivaシリーズ10周年記念コレクションや定番のウニッコの新色がずらり。このピンクすごくいい色です!シルクのドレスも出ていて、めちゃくちゃ可愛かったのですが、やっぱりお値段が!

 

 

 

そして最後は店員さんによるファッションショー。写真ではわからないですが、細部のデザインから素材の質感、ステッチの仕方までこだわりがすごい。ちょうど一緒にデザイナーの友達が来ていたので、そのへんの専門的なことをいろいろ解説してもらいました。普段気付かないところまで気を配っているのは流石だなあとため息が出ます。やっぱり高いものにはそれなりの理由があるってことなんですね。ちなみにマリメッコはマリーのドレスという意味だそう。今年は原点に帰って、ドレスに力を入れているそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

店員さん可愛いかったです。。。

芦屋 暮らしの蚤の市

こんにちは、かおりです。

 

2日の土曜日、オシャレな芦屋のスペースRさんで行われた「暮らしの蚤の市」に出店させていただきました♪

お天気にもとても恵まれ、沢山の方々が入場待ちで行列ができるほどの状態でした。

私達は今回で3回目。

毎回お店が土日総入れ替えの蚤の市なので、今回も自分たち以外にどんな方々が出店されるのかいつも楽しみです♪

 

 

出店準備中のみなさん。

毎回オシャレさんたちが出店しています。

今回は私の妹が出店応援に駆けつけてくれました〜。

準備しつつも周りのショップさんたちの出品されているものを欠かさずチェック(笑)

毎回こっそり買わせていただきてます。

今回はお隣さんが出していた、ラプアンカンクリの新品ストールを1000円でゲットさせていただきました♡

今回私のお友達の作品も少し預かって販売しました〜。軽くてとってもつけやすいですよ。

Instagramも始められたそうなので、是非チェックしてみてくださいね。

(Kato!からkuuというお名前に代わっています。@kuu_tj )

 

この日は一階ブースに、お友達のお友達が「LESSER PAN-YA」という、天然酵母を使った美味しいパンを販売されてました。

ママ友の間でもとても人気だそうで、すぐに売り切れるそう。

私はきな粉餡バターのパンをチーズパンをチョイス。食べるのに夢中で、パンの写真撮るのをうっかり忘れてました。

 

私達のブースにも義兄夫婦からママ友、前回もお越しくださったお客様はじめ沢山のお客様が来てくださいました♪

お客様と北欧のお話で盛り上がったりしてとても楽しい一日でした!

皆様、スペースRのスタッフ様、ありがとうございました♪

 

またイベント出店ある時はお知らせしますね。

ではでは、今日はこの辺で。

印刷のお話し その1

こんにちは!あやです!

島とか自然とか色々書いていましたが、今日はめずらしくデザインにまつわることを書いてみようかなと思います。

 

デザイン自体のお話しは書ききれなさそうなので、今日は「印刷」のことでも。

名刺やチラシやパンフレットやその他もろもろ、販促物や広告などには欠かせない「印刷」。

 

そういえば学生の時にシルクスクリーンの実習をしたり、デザイン会社で働いていた時に何かと印刷所に見学に行ったりしてたな。

なんかご縁があるなとしみじみ。工房と一緒に何か作るとかも楽しそうだなぁ。

 

 

話がそれましたが、

印刷といっても、オフセット、オンデマンド、活版、シルクスクリーンなどいろいろあります。

皆さんどのくらいの種類をご存知ですか??

 

名刺やチラシとか印刷屋さんにお願いする場合、

オフセットかオンデマンド、2種類どちらかの印刷を選んだりします。

オフセットは印刷の質が高くて大量ロット向き。

オンデマンドはオフセットより質は劣るものの短納期で小ロット向き。

印刷の質の違いをそんなに気にされない方はお安いオンデマンドを選ぶことも多いですが、

紙の種類などによってはえらい高くなる場合があるので注意が必要です。

あと取り扱える紙の種類も多少違う場合があります。

 

印刷屋さんにお願いする場合などに、印刷方法の種類の違いを説明するとしたら以上で良いんだと思いますが、、、

 

なんだかさらに調べていくと、印刷技術は大きく分けて以下に分類されるそう。

●凸版 ●凹版 ●孔版 ●平版

現在主流の印刷である「オフセット印刷」は「平版印刷」に分類されるとのこと。

なんだって??んじゃあ「オンデマンド印刷」とどう違うのか?

 

オフセット

→液体インク→紙に染み込ませるイメージ

オンデマンド

→粉末インク→紙の上にのせるイメージ

 

なるほど。

使っているインクがそもそも違うし、オフセットには「製版」などの工程が入るため各印刷方法で特徴が変わってくるのだそう。

オフセットは小さい文字などかなり綺麗な印象だけど少し高価な印象だし、

オンデマンドは至急の対応ができるっちゃできるけど(紙などによっては)テカりが出たりもします。

 

 

というか今や主流の平版印刷の始まりって、1800年以前のリトグラフ(石版)ときたもんだ。

美術館などで昔の絵画の巡回展などにいったことがある方はリトグラフで作られた作品を目にした方も多いのではないでしょうか。

あと、絵画技法で転写する系の技法もこの平版に分類されるとか。

印刷の始まりは転写からだったんですかね。面白い。

 

「凸版」や「凹版」はもっと歴史が深いそう。

私もすごく風合いが好きな「活版印刷」も、「凸版」の一種なのであります。

 

うむ、調べていたらめっちゃおもしろくて止まらなくなってきました。

活版印刷についてはまた次回!

 

活版印刷で以前に見学、お願いをさせていただいたとある工房の印刷機でお別れです。

この印刷所の情報も次回載せます。

ドイツ製の印刷機。えらいかっちょよかったです。

 

 

Hawaiian Kombucha

東でございます。

またまた新たに我が家に取り入れたのは

"Kombucha (コンブチャ)"

であります。



https://www.hawaiiankombucha.jp/kombucha 


こちらのお店、神戸 阪急春日野道にオープンして間もないそうです。


世界中の健康・美容・ダイエットに敏感な人やセレブのあいだで今話題になっている

"Kombucha (コンブチャ)"

を手作りされているそうです。


日本では「紅茶キノコ」として70年代頃流行っていたそうで、50代以上のかたは記憶にあるかもしれませんね。



添加物はいっさい使用せずオーガニックやカラダに優しい原材料、水にもこだわっておられるとのことなので安心ですね。


グァバやマンゴー、パッションフルーツ、りんご、ぶどう等たくさんのフレイバーも楽しめ美味しく健康に!

おすすめでございますよ。

是非行ってみてください。



そしてそして、アアルトプラスのイベント出店も3/2土曜日にありますよ。

毎度おなじみ芦屋のspace R さんでございます。

" スペースRの暮らしの蚤の市 vol.30 "

http://www.ryu-ryu.com/cgi-bin/news/detail.cgi?no=933 


http://www.ryu-ryu.com/space_r.html 



こちらも是非お越しくださいね。

お待ちしております。


セムラの日

突然ですが、セムラって聞いたことありますか?カルダモンの入った丸いパンの中をくり抜いて、アーモンドペーストとミルクを混ぜたものを詰めて、その上にクリームを乗せた、なんともボリュームたっぷりのスウェーデンの季節のお菓子です。もともとはイースター45日前からの断食をはじめる前日、火曜日に食べられていたものです。今年のセムラの日は3月5日です。でも今はクリスマスが終わったあたりから3月ぐらいまで店頭に並びます。

 

 

正直そんなに特別美味しいわけじゃないんですよ。日本人にはボリュームがありすぎて、食べにくいし、食べた後は胃にもたれます。ふと気になったのでカロリーを調べてみたら、なんと500キロカロリー!!!でも、この時期になると食べたくなる、少なくとも2、3回は食べたくなる、そんなお菓子です。今年は何個食べた?っていう会話は毎年繰り広げられます。

 

 

 

毎年この時期は、スウェーデンで一番美味しいセムラを決める投票も行われています。現時点で全国3位に食い込んでいるのがここ。

 

 

Vännesborgという町にあるNordfeldts Konditoriというカフェのセムラです。せっかくなので行ってきましたよ。私にとって今年で3回目のセムラです。まずはそのボリュームに驚かされました!そしてアーモンドペーストにはカスタードが混ぜ込まれていて、これは他ではあまり見かけないです。カルダモンの香辛料が効いたパンにこのクリームが良くあって、たいへん美味しかったです。やっぱり全部は食べ切れませんでしたが。。。

 

 

そして、なんとなんと日本にはセムラソングというものがあるのですね!作詞作曲はカジヒデキさん。スウェーデンでレコーディングした際に食べたセムラがとっても美味しかったそうで、そのまま歌にしてしまったという、よっぽどのマニアっぷり笑。これまたかわいい曲で、楽器の修理が終わった後の試奏で吹くのに最近はまっています。私があまりに良く吹くものだから、職場の同僚も覚えてしまって、ここ最近は気付いたら誰かが吹いてるなんて状態になっています。

こちらで試聴できますので、ぜひ聴いてみてください。

 

http://recochoku.jp/song/S21742615/?ds=A33759970

 

マウイマラソン

こんにちは! かおりです。

 

今日はいよいよマウイマラソンのお話♪

今回マウイマラソンを走ったのは、社長と社長のお兄さんの二人。

お兄さんの方は100キロマラソンにも出たこともある経験者。

そして社長は全くのド素人です(笑)

マラソンエントリーしてから、初心者用の靴を買ってぼちぼち練習はしていました。

最初は数キロ走るので精一杯でしたが、20キロほどは走れるようになっていました🏃

しかし、マラソン1か月前にはインフルエンザで寝込んで全く走れず。

しまいめには、「なぜ走ると言ってしまったのか、、、」とちょっと後悔するまでに。

そんなこんなで当日を迎えました〜。

スタートは5時。なので真っ暗です。

スタと地点はワイレアで、ゴールが以前ご紹介したショッピングストリートのあるラハイナです。

ちょっと余裕そうな顔していますが↑、こう見えて前夜にお兄さんたちとお酒を飲み、スタート地点まで連れて行ってくれるピックアップバスが2時半に到着するのですが、それまで緊張のあまりか30分しか寝れずだったそうです。

スタート前には現地の方々の開会式が♪

今回、フルマラソンは450人ほどの参加、全体では1500人ほど走られたそうです。

ところどころの補給所では朝早いにもかかわらず、沢山の応援の方がいらっしゃったり、子供たちもお手伝いしていたそう。

このマラソン、「マウイ オーシャンフロント マラソン」と言って、9割以上が綺麗な海沿いを走ります。

なので、早朝からサーフポイントでサーフィンしている人たちを見ながら、場所によってはホエールウォッチングしながら

走れます。ハイウェイを走るので、アップダウンがまあまあありますが、結構楽しみながら走れたそうですよ。

30キロまではなんとか走れたそうですが、やはり初心者。そこから先は歩いてしまったそうです。

今でも「あの時歩いてしまった」と悔やんでます(笑)

結局5時間25分でゴール!

50歳越えで、初心者で、その体調でよくこのタイムでゴールしたなと思います。

というか完走できただけでもビックリものです。凄い♪

フルマラソン走った人にはこんなカラーのメダルがもらえます。ちゃんとマラソンルートも書いてありますよ。

良い記念ですね♪

 

次回はどこのマラソンに参加しようかとワクワクしながら計画しています。

マウイマラソン、5キロからもありますので、綺麗な景色を見ながらのマラソンお勧めですよ〜。