デンマークの画家 ヴィルヘルム・ハンマースホイ

こんにちはー!あやです!

スタッフブログの更新が不定期になっており申し訳ございません。

ものすごい書きためた記事を一回削除してしまい、白目になっていたところです。

(※月・金曜日が更新日です)

 

いやー、昔から絵がめっちゃ好きなのですが、

東京に今グスタフ・クリムトという画家さんの絵画展が開催されてます。めっちゃ見に行きたい。

 

このクリムトが生きていた1900年あたりの芸術家の動きってすごいおもしろいんです。

画家も建築家も彫刻家も、、いろんな人たちがそれまでの古い手法に抗って、

新しい表現を追求したり多様性を認める動きが盛んになります。

 

 

てなことで、今回はただただ画家さんの話もあれなので

北欧の画家を調べてみようかなと思います!

 

デンマークの画家、ヴィルヘルム・ハンマースホイ(ハマスホイ)(1864-1916)。

このような方がいたの、ご存知でしたでしょうか??

私がいうのも気が引けますが、このお方の描く、静けさ、静まり、音の無い空間、切り取り方、ほんと素晴らしいです。

「無」を描けるってのはこんな感じなのだろうか、、と個人的に感じました。

何かこう、「静まり」への向き合い方が半端じゃ無い感じがします、、

死後、回顧展などがあって再評価される動きが高まったそうです。

 

でも面白いことに、活動していた年代が1900年あたりだとは。。

 

最初に触れたクリムトもオーストリアで「ウィーン分離派」なるものを立ち上げた人物として知られていますが

ハンマースホイも「分離派」として活動していたとのこと。

分離ってのは、アカデミックで伝統的なものに対しての名称ですね。

このような動きがあってこその今日の芸術に繋がっているのかもしれないですね。

 

 

というのを調べていた矢先!!

ヴィルヘルム・ハンマースホイの展示情報が!!

(なんか最近こんなん多いな。。)

展示って、一回逃すと何年・十何年後とかになるのでなんともご縁があるようにしか思えない、、

 

2020年東京になりますが、興味があれば是非とも行かれてみてはいかがでしょうか??

 

 

ハマスホイとデンマーク絵画

2020年1月21日〜3月26日

東京都美術館 (上野公園)
〒110-0007 東京都台東区上野公園8-36

https://artexhibition.jp/denmark2020/